化学的な効能なら

一般的な効能

神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、
うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進

塩化物泉

入浴すれば、皮膚に塩分が付着して汗の蒸発を防ぐため、
保温効果があります。このため、食塩泉には「あたたまりの湯」とか
「熱の湯」といわれるところがあります。
浴用…単純温泉の適応症に加えてきりきず、やけど、慢性皮膚病、
     虚弱児童、慢性婦人病
飲用…慢性消化器病、慢性便秘

炭酸水素塩泉(重曹泉)

入浴すれば、皮膚の脂肪や分泌物を清浄化するので肌が滑らかになり、
「美人の湯」とよばる温泉があります。
浴用…単純温泉の適応症に加えてきりきず、やけど、慢性皮膚病
飲用…慢性消化器病、糖尿病、痛風、肝臓病

硫酸塩泉(芒硝泉)(石膏泉)(正苦味泉)

ナトリウム-硫酸塩泉(芒硝泉)、カルシウムイオン(Ca2+)であればカルシ
ウム-硫酸塩泉(石膏泉)となります。
「きずの湯」などとよばれ、きりきず・やけどに効果があるといわれる
温泉が多いようです。
浴用…単純温泉の適応症に加えて動脈硬化症、きりきず、やけど、慢性皮膚病
飲用…慢性胆嚢炎、胆石症、慢性便秘、肥満症、糖尿病、痛風

単純温泉

硫黄の匂いがする温泉で、白濁している湯で知られる。 便秘や皮膚病に効く。
刺激が強く、皮膚・粘膜の弱い人、特に紫外線などに弱い人はだめです。
浴用…単純温泉の適応症に加えて慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、糖尿病
飲用…糖尿病、痛風、便秘