健康まめ知識

クエン酸

【クエン酸は働き終えるとまたクエン酸に戻る!】
健康維持に抜群の力を発揮する酢。たとえば米酢は約15種類の
天然アミノ酸と約70種類の有機酸を含んでいますが、
それらの有機酸のひとつ、クエン酸が酢のパワーのもとです。
  酢に含まれるクエン酸の量はもともと0.2%とごくわずかですが、
なんと酢の主成分である酢酸と、クエン酸以外の
有機酸の多くが、体内でクエン酸に変わるのです。
  クエン酸は、疲労物質である乳酸を分解する優れものです。
またブドウ糖やタンパク質を燃やしてエネルギーに変えるために、
ビタミンとともに働きますが、このとき不思議なことに、何度も変身するのです。
  エネルギーの燃焼過程にかかわる酸は、クエン酸から始まって
シスアコニット酸(シスアコニチン酸)、イソクエン酸、
α―ケトグルタル酸、コハク酸、フマル酸、リンゴ酸、オキザロ酢酸と
順番に変化していき、エネルギー代謝を終えると再びクエン酸に
もどってまた働きます。これを「クエン酸サイクル」といいます。

【クエン酸パワーで疲労物質をためない!つくらない!】
クエン酸サイクルが活発になれば、代謝が促進され、
血液の流れもよくなります。また、胃液の分泌を促進して消化を助けます。
逆にクエン酸が不足すると疲労物質である乳酸が蓄積し、
イライラや倦怠感の原因ともなります。
クエン酸を摂るなら、アミノ酸や有機酸を豊富に含む醸造酢がおすすめです。
  醸造酢には穀物酢と果実酢があり、原料や国によってさまざまな
種類があります。穀物酢としては米が原料の米酢、玄米が原料の黒酢、
イギリスの麦芽酢など。果実酢にはフランスのワインビネガー、
イタリアのバルサミコ酢があります。 酢のほか、梅干しや柑橘類にも
クエン酸が含まれています。積極的に摂って、
疲労物質をためないようにしましょう。

酸素

【酸素が十分に供給されると血液、細胞が生き生きする】
人間は生きている限り、日々エネルギーを燃焼させ、新陳代謝をくり返し、
新しい細胞をつくり続けています。
その生命活動のエネルギー源となるのは、主に脂質や糖質ですが、
それを燃焼させるために不可欠なのが酸素です。
  酸素は、肺で血液中の赤血球と結びつくことに
よって全身の細胞に届けられます。酸素が十分にとり込まれると
血液はいきいきとし、細胞はみずみずしくなります。
  酸素を届けた血液は、それと交換に、エネルギー燃焼によって
発生した二酸化炭素を回収します。酸素が不足すると二酸化炭素の
回収が不十分になり、脳をはじめ体のすべての組織の働きが低下します。
体のなかで最も多く酸素を消費するのは脳で、
その量は全体の20%といわれます。脳は酸素不足の影響を受けやすく、
酸素の供給が止まると4分で機能は停止し、数分で死に至ります。

【なぜ体内で酸素不足が起きるのか?】
ところで、大気中の酸素濃度はどのくらいあるのでしょうか。
答えは、21%です。ちなみに酸素濃度12~16%になると頭痛や
吐き気を催し、集中するのが困難になり、10%以下で意識不明になります。
  大気中の酸素は、通常の状態では薄くなったり不足したりする
心配はありません。しかし最近、健康志向の高まりとともに、
体内における酸素不足が懸念されています。
  なぜ、そのようなことが起こるのでしょうか。それは、
現代人の生活習慣や環境が大きく関係しています。過食、
喫煙、飲酒、夜更かし、運動不足などの生活習慣、
また大気汚染、環境汚染などの外的要因が絡み合って、
体内にさまざまな不要物や化学物質を運び込み、
老廃物を増やします。それらを排出するためには、
通常より多くの酸素が必要となるため、
酸素不足状態になるといわれます。また住宅の性能が向上し、
高気密化していることで、室内の酸素濃度も低くなりがちです。